スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿オワタ、合宿オワタよー(その3)(岡坂)

合宿オワタ、合宿オワタよー最終章、その3でございます

過去のラインナップはコチラ↓未読の方はその1から順にどうぞ
その1 その2

ぽかぽか気持ちいい日光とちょっと冷たい朝の微風を受けつつ歩く一行
鎌ヶ岳までは昨日来たルートを引き返す。強風吹き荒れる昨日とは一転、平和な山歩き
遠くに見えるのは雨乞岳。空が澄んでますね~
うーんスカイブルー

鎌ヶ岳の最後の登りにある鎖場、マットが岩にガリガリ当たってズタズタになりました(^q^)
下のほうに見えるのは鈴鹿スカイライン。急斜もあいまってなかなかの高度感
くっさっりっばー

鎌ヶ岳山頂で休憩を兼ねた読図タイムややあって行軍再開、一旦下る
奥に見える尖って岩の露出した尾根、「鎌尾根」を辿るのが本日のルート
高所恐怖症気味のケビンは拒絶反応を示し始める
目指せ宮越山

一瞬ルートミスをするも順調に鎌尾根を歩いていく。大荷物もあってなかなか時間を食ってしまう
歩いてきた鎌尾根を振り返る。岩だらけ最初にルート開いた人すごいなあ~
かまおね

今合宿最後のピーク、宮越山が目前に迫って参りました
笹の登山道は比良山系の蓬莱山周辺に似てる
みやこしもくぜん

宮越山の岩場を登るケビン岩の風化が進んでて脆さがえげつない
結構怖かった後で気づいたら隣に安全なルートが・・・
そりゃあれは危なすぎるわ
登るケビンちゃん

宮越山自体はそこまで見晴らしが良いわけでも無い。ここで遅めの昼食
昨晩のビバークで防寒対策としてザックに足を突っ込んだのでカップ麺がブッ潰れている。
ケビンの「赤いきつね」に関しては容器が半壊。F岡は相変わらずパスタ、ラー油高菜が香る
そんな感じで水沢峠まで下り、ひたすら谷を下っていく。途中の巨大な岩壁(滝?)
30m弱くらいある
水も滴るいい滝

あとは淡々と谷を下ってアスファルトの車道に出ましたとさ
登山靴をゴトゴト言わせながらキャンプ場まで歩く
足裏の痛みを感じつつ、言う
「合宿オワタ、合宿オワタよー」


おまけ
・今合宿の主要な登場人物

シュラフン
あまりの寒さによってメンバーが突然変異を起こした姿
腕が退化しているため、こけたら最後。二度と起き上がれない
この個体はあまりの寒さで体の一部が凍ってしまった
SOTイメージキャラクターの座を狙っているとの噂もあるが真偽は謎に包まれている
しゅらふん
未知との遭遇

もっさん
杖?いや、断じて違います。
彼はわれわれをサミットに導いた名ガイド。彼とクライマーが一心同体となることでその効果を発揮する。
木(もく)に敬称である「さん」をつけることで命名。サケイのネーミングセンスが光る。
ちなみに岡坂の所持していた初代もっさんは色、艶、重量、長さ、グリップ感
全てにおいて完璧の究極のもっさんであったが、鎌尾根で殉職、帰らぬ人となった。アーメン。
その後2代目3代目と跡継ぎをとってみるものの未だ彼を超えるもっさんは現れない。
mossann
画像はサケイのもっさん

マスター岡坂
合宿後の温泉を楽しみにしている伝説のジェダイマスター
温泉に入りたい気持ち(フォース)が強すぎるために
愛用の杖で手当たり次第に地面を掘り、温泉を掘り当てようとする。
彼が温泉を求める気持ちがあの決戦を導くことになるとは誰が予想しただろうか。
フォースと共にあれ
生き生きとした表情で温泉を掘るマスター岡坂

G納・スカイウォーカー
父親のようなジェダイの騎士になると誓い鈴鹿山脈に。
マスター岡坂からフォースを学ぶことになるのだが、杖の扱いに不慣れなため
温泉を掘るどころか地面を耕すのがやっとである。

ダース・サケイー
サカモト卿の手で暗黒面に堕ちた元ジェダイの騎士
「ドライバー不足」という強大な力が彼を鈴鹿山脈に呼び寄せた。
強力なフォースの使い手。ネタバレするとG納スカイウォーカーの父親
G納スカイウォーカーがその正体を知る日は近い。
決闘
伝説の決戦/強大なフォースでダース・サケイーに吹き飛ばされるG納・スカイウォーカー

妖怪エアリア
今回のMVPキャラクター。
道行く人々に、その年の山と高原地図を売りつける。1500円で。
登山中「エ゛ア゛リ゛ア゛ー」というだみ声を聞いたことのある登山者も少なくないだろう。
生まれた年と同じ年度版の山と高原地図を体に内蔵しており
年度が変わって新しい山と高原地図が発売されるまでに
これを売ることができないと死亡する。
売ることができても体から山と高原地図を抜き取られると死亡する。
年度の変わり目になると非常に焦りだし活動が活発になる彼らの様子を詠んだ
芭蕉の句はあまりにも有名である。
エアリアー(だみ声)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

妖怪エアリア
爆笑しました笑笑
今回の合宿ではかなり活発に活動してましたねー

No title

年度の初めは生まれたてなんで活発なのです

No title

フォースとは温泉に入りたいという気持ちの事です
少しでも温泉の事が頭によぎれば
その瞬間それはもうフォースと共にあるという事なのです

No title

先日、妖怪エアリアを部室で見かけました。
どうやら鈴鹿からついてきてしまったようです……。何やら複数いるらしく、複数の声が聞こえてきました…。
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。