スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料探し(岡坂)

プライベート調査が増えつつあるここ最近、
吸虫管等、簡単な調査器具は自作するなりして個人所有する必要性を感じ始めました
いちいち部の装備借用願も書いてられないし、、
名称未設定 2
吸虫管

と、いうわけで昨日は最寄のホームセンターに行って材料探し

今使ってる吸虫管は結構使い勝手の悪い部分もあるので、自作するなら改良したい。
というわけでいろいろ見て回る
名称未設定 2
スポイトとか使えないかな~

名称未設定 2
吸う部分に使うシリコンチューブ

名称未設定 2
こういうの使えないかなあ

でも複雑なつくりにすると泥が詰まって不具合でたりするしな~
そんな感じでウロウロ。ゴム栓と標本用の小瓶は見つからず、、
ゴム栓は無くても大丈夫だけど、小瓶は無いと困る。どっかに売ってないかな~

あと、エビ調査で個体ごとに各器官の長さを測る必要性が出てきたので一応
ノギスも見に行く
名称未設定 f1
1770円

名称未設定 f1
こっちは安いけど、ポリカーボネイト製。
高いけどやっぱり買うなら金属性、、?

その他こんなものもありました。
名称未設定 2
音波距離計 2980円也

洞窟測量につかえるのでは!?と思ったけど
レーザー測距器と違って何処に照準が当たってるか分からないので洞窟測量に使うならレーザーポインター
括り付けなきゃいけないだろうなーでもそれじゃあ精度落ちるだろうしダメか、、

しかも最大測定可能距離が9m。斜距離測るなら15mは欲しいところ

ついでにライトも見に行く
名称未設定 2
ホムセンライトの定番メーカー、オーム電機

公称スペックが100lms、防水規格付き。1AAでランタイム4時間
多分ルーメン表記はかなり誇張されてるけどGENTOSで言うところの7~60ルーメン、
SUREFIREで言うところの30ルーメンぐらい?
ランタイムも30分で80%まで落ちてその後横這いに持ちこたえるも4時間突入直前に瀕死になると予想。
が、もしそうだったとしても1000円台前半はすごい。

自分が買った初のLEDライトもOHM電機の1280円1AAでした
鉱山を堀りに行ったとき紛失したけど、、今も落ちてるかなあ
名称未設定 2
高2の秋滋賀の某廃坑にて

頭打ち対策とガレ場でのつま先保護からヘルメットと安全靴を導入した頃
当時ケイビングの存在をあまり知らず装備に関してはいろいろ試行錯誤
名称未設定 1
OHM電機のLEDライト
GENTOSの閃買った時に感動した事を考えると、今のLEDに比べめちゃめちゃ
暗かったんだろう。サブライトとして閃買ったのに下克上されてOHMがサブライトになってた。

この時のLEDライトはルーメン表記でなく、兎に角ワット数が高ければ明るい!
みたいな風潮があった気が。今では低いワット数でも明るいものが多いです。
このときのホムセンライトのLEDは大半が日亜製、
そのあとアメリカの会社、CREE社のLEDやらが使われたりしましたが、
これは
名称未設定 2
韓国のSEOUL社のLEDいろいろ流行り廃りがあるんだろうか

というわけで調査器具材料探しも終了~
次は草津まで足を伸ばしてディオワールドにも行ってみよう
あそこならでかいからもっといろいろ揃うはず、、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。