スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育館訓練for多和田調査 二日目(岡坂)

本日も、昨日に引き続き体育館訓練for多和田調査を実施しました
名称未設定 f1

今日の参加者は机上調査メンバーのSM田を除く全てのメンバー
せっせと訓練に励みます
名称未設定 f1
天気良し!寒いけど(笑

今日は、チェンジオーバー、リビレイ(シングル、シェアード)、ディビエーション、屋上乗り越し等
基礎的な昇降を全てやりました。一風洞探査に来ていたケビンやイチャカワは言うまでも無く、
I村やサケイに関しても少し梃子摺るだけで安定して昇降できていたと思います。

そういえば今まで体育館で昇降している人の視点で写真を撮っていなかったので撮りました。
名称未設定 f1
昇降中の岡坂が見ている風景はこんな感じです。

昼ごろに生物調査の机上講習を少しだけやる
イチャカワがI村やサケイに洞内生物の液浸標本を見せると
「うえええ、、、」「おわああ、、」
サケイはまだ耐性があるようですが、I村がものすごく嫌そうな顔をしていました
特に二人ともカマドウマを見たときのダメージが大きかったです。

今回カマドウマは結構キーになる調査対象なのに大丈夫か!?(笑
これから新洞探査やっていくなら洞内生物には慣れなきゃ生物調査できないよ~

そんなわけで机上講習後は昇降訓練再開。
名称未設定 f1
Yビレイ通過の復習をするI村

名称未設定 f1
昇るお嬢

名称未設定 f1
だんだん様になってきたサケイ

ケビンは今日あまり昇降やってなかったので写真がない
仕方ないから一回生のときのケビンが体育館訓練している写真を貼っておきます。
名称未設定 2
ケビン(19)

そんな感じで今日の訓練は終了!撤収~
名称未設定 f1

イチャカワが「運命を分けたザイル2」を借りてきたとの事なので、鑑賞会開催
M井さんと共にイチャカワ家へ
1050495_l.jpg

シリーズの一作目は見たことあったけど、二作目もあったんだ
一作目は実際の遭難~奇跡の生還を再現ドラマ的に映像化していたけれど、、
そんなホイホイ何度も奇跡の生還できるわけもないし、その作品の二作目って一体?
と思っていたら、成程、トニークルツのアイガー北壁遭難と前作主人公の遭難体験を重ね合わせたものに
なっていた。

映画「アイガー北壁」も見たけれど、「運命を分けたザイル」はドキュメンタリーのような構成になっている
ので、演出や脚色の入っている「アイガー北壁」とは違ったドキドキ感がある

「運命を分けたザイル」は前作の遭難体験と重ねる一つの題材としてアイガー北壁遭難を扱っているので、
ストーリー仕立てで時代背景や人物像にクローズアップしている映画「アイガー北壁」とは違い、
主に登攀ルートや技術、天候等、当時の登山記録そのものに重点を置いている内容に感じた。
なので、北壁遭難の経緯を知っていてもまた別の視点として普通に楽しく見られた

ところどころ北壁遭難の再現映像に語り手が北壁を登っている映像が差し込まれ、時代間の技術の差や
装備の差が比較されておりかなり印象的。

北壁遭難はもちろん、語り手の結末も現実的でなかなか渋い終わり方をしてました。

そんな感じの映画鑑賞、楽しかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。近大探検部のボーイです。

リンクありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!

No title

おう!よろしくねi-278i-234
ブログ更新大変と思うけど頑張って!(笑
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。