スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採るべし(水を)!!採るべし(水を)!!! (岡坂)

そういえば、ブログ3000HIT行きましたねありがたや~
ちなみに3000HIT踏んだのは僕でした(笑

さて、今日は多賀町で微小水生生物調査のワークショップに参加してきました
名称未設定 2

多賀町立博物館のアベさんの協力を受けてびわ湖博物館の学芸員の方々が直々に、そして実際に洞内で
教えてくださるということで講師も豪華!これはかなり良い機会! 非常に勉強になりました

朝10:30に多賀町立博物館集合との事なので電車とバスで博物館に向かう~
名称未設定 2

で、博物館に着くと、調度琵琶湖博物館の人たちも着いたところだった
事前にるんちゃんが色々と連絡を取っていてくれたお陰で自己紹介もスムーズ
以前多賀でお世話になっていたカナオさんもいてホームな雰囲気
企画に単身参加するときはやっぱり身構えてしまうだけあって安心(笑

今日は他に誰が来るのだろう、と思っていたらなんとCCUのメンジュさんが来られてお互いに驚き
まさか救助講習の前に会うとは(笑

そんな感じでまずは微小水生生物についてトムさんの机上講習を受ける。
目視できるような洞内生物についてはそれなりに知っているけれど、それよりもさらに小さい生物の
事はよく知らなかったので勉強になる
アベさんと共同で書いたという論文も貰ったので頑張って和訳して読もう

机上講習を終えて、洞窟付近へ移動~
名称未設定 2
洞窟に入る準備をする
本日の穴は甲頭倉の穴(下の穴)。

1、2分歩いてすぐ洞窟に到着
甲頭倉の穴って名前よく聞くけどこんなアクセスいいとこにあったのか
1日しか取れない時の測量訓練とか、ここでやってもいいかもね

甲頭倉の穴の上には道路があるので洞窟の周りはコンクリで固められている。
道路作るときにちゃんと洞口残しておいてくれた事がすごい
名称未設定 2
崩落した廃坑道みたい。雨の日とかの洞口待機にはかなり良さそう(笑

そんな感じでライトのチェックしつつ入洞~
名称未設定 2
洞口は小さめだけど、入るとそれなりに広い。

レクチャー前に少し洞内を見渡す
奥の狭洞にプールやら左側に支洞やら。今日はプールの水位がいつもより低いとのこと。
名称未設定 f1

天井にはコウモリが群れでモゾモゾ
名称未設定 2
かわいい

ややあってレクチャー開始
手順を実演してもらう2つの水溜りが1mぐらい離れているだけでも違う微小水生生物が
いる可能性があるとのことで、想像していたよりもかなり手当たり次第に水を採集していた
名称未設定 2

棒の先に網を取り付け、奥の狭洞のプールからも水を採取する
意外と、訓練の片手間だったり短時間で出来るような調査なのでこれから多和田とかに行くときは
積極的にやっていくべき
名称未設定 f1

と、行った感じで一連のレクチャーは終了~
出洞前にカナオさんがなにやら探しているようなので、何を探しているのか聞いてみると、
イセカマドウマ」という珍しいカマドウマを探しているとのこと。
普通のカマドウマはまだら模様だけど、イセカマドウマは全体的に黒一色だそう。
カマドウマにもやっぱりいろいろいるんだなあ
と思いながら僕も探していると、発見!写真撮るの忘れてたけど確かに黒一色だった。

今までカマドウマには目もくれてなかったけれど、珍しいとなるとなんだか非常に嬉しいぞ
この穴で見つかったのは初らしく、カナオさんも非常に喜んでおられた

そんな感じでホクホクしながら出洞
このイセカマドウマについてカネオさんが書いた記事が広報たがに載ったことがあると言っておられたので
探してみたらありました。(多賀にもいた洞窟性カマドウマ イセカマドウマ

この後は着替えて博物館にGO
そこでグライガーさんから調査キットの説明を受け、今後の調査用にいろいろ貰う
自分で作れそうなものもあったので、自分用にも自作しようかな?
名称未設定 f1
今回のワークショップは大体こんな流れでした

そして、今回の小目的、アベさんへの一風洞調査報告
学園祭のパネルを見てもらいながら色々と調査について話す~

ハコネサンショウウオやナガレヒキガエルの写真はどうやら結構貴重な資料になるらしく、
喜んでいただけた!よかったまた後日写真を送る予定。

そして「一風洞は多賀町の洞窟なので調査の事を広報に載せませんか?」と言うお誘いと
「一風洞調査の展示を博物館でやりませんか?」というお誘いも頂きました!これはかなり嬉しい!!
部内での調整もいろいろあるけれど「是非やらせてください」ということで、話してきました

帰りはメンジュさんの車に便乗させて貰い、家の近くまで送っていただいた。
ありがとうございましたm(_ _)m
車の中では互いの団体の最近の動きなどについて話す~
いろいろ合同調査の誘いも頂いて、これもかなり嬉しい!是非とも参加したい

情報交換と言っても僕はあまりいい情報は持ってないので本当に情報交換が成立していたかは怪しいですが、
いろいろ調査に関する貴重な話を聞けてよかったです。
やっぱり外部の人とコミュニケーション取るのは重要だね~なにより楽しいしね(笑

とにかく今日はいろんな収穫があった一日でした
やっぱり行って良かった!!
そしてお世話になった博物館の方々、メンジュさん、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。