スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひんやり装備洗い(岡坂)

今日は阿哲訓練の装備洗い
名称未設定 2

参加メンバーの殆どがBKCメンバーだったので、衣笠メンバーの負担を少なくするため
BKCメンバーは持って帰れるものを持って帰って家で装備洗い。
このシステムのおかげで大分洗う装備は減ったけれど、授業の合間をぬって二人で装備洗いは大変

そして寒い!!テープ洗いやらザイル洗いの水が冷たい
とりあえず共同装備は洗い終わりました。あとは個人装備だ~

さて、ここで阿哲訓練の様子をば。写真少ないので結構断片的です。

今回は2パーティにわかれてそれぞれ氷寒の穴、宇山洞口でリギング訓練を行いました。
一日目、僕のパーティは氷寒の穴。
初なのでまずは洞口探し雨の中、山をがさがさ歩く
結構山の中にあると思っていたらすぐ道路脇の広場?的なところに空いていた
名称未設定 2
落ち葉と比較したらわかるけど思ったよりも小さい。
50mの竪穴とは思えない

こんなに道路の近くに開いているのに柵とか要らないんだろうか??
子供とか遊び半分で入っちゃいそう

んでリギング開始~
リギング図ではピッチッヘッドのリギングはナチュラルでバックアップ、
ボルト2発のシェアードでメイン取るってなってるけどボルトだけでメインとるとあまりよくないリギングに
なりそうなので、ナチュラルとボルトのシェアードで降りました。
2m下に狭洞。「げげっ、やだなあ~」と思いつつもリギングしせっせと体をねじ込む

そこから先は岩をよけつつ降下、少し広くなって安心。
名称未設定 f1

名称未設定 f1
ディビエーションが連続しているので下から見ると稲妻みたいになってる(笑

岡山に来るときの車の中でNさんに聞いていた通り
30mフリーを降りるためのYビレイの片方のボルトが腐食で使えず。
名称未設定 f1
股の間から見た真下。30m下のボトムが霞んで見えてる?っぽい。

30mフリーをボルトのシングルで降りるのは怖すぎる&いい時間というわけで
本日のリギングはここまで。セカンドのNさんにチェックで降りてもらう
ナチュラルのディビエーション見つけるのに時間食ってしまった

そんな感じでその日の訓練は終了~
外に出ると、
名称未設定 f1
なんと晴れ!さっきまで雨が降っていたとは思えない。

ちなみにこの日、宇山洞に某ツアー会社がお客さんを連れて入洞していたので
宇山洞口の訓練は、あまり長い時間できなかったみたいリギングしてると岩落ちるしね~

撤収後は銭湯に行ってフレスタで買出し!
今回の食糧係はウシミです。
名称未設定 2
馬鈴薯とメークインで悩むウシミシェフ

名称未設定 f1
質より量!!やっぱり胸肉だよね~

岩中作業所に戻ってからは、ザイル&テープチェック組、調理組に分かれそれぞれ仕事
ややあって、後は夕食の完成を待つのみ。
名称未設定 2
まじゅんの愛読書、「ルービン病理学―臨床医学への基盤」を見て盛り上がる。写真めっちゃぐろい!!
食事前に最低の一冊!アマゾンにて¥11,550 で絶賛発売中。

さて、本日の夕飯は、、
名称未設定 2
肉団子と胸肉だらけの特製SRTシチューうまそう~
SRTの食糧はなんといってもうまい!安い!そして量多すぎ!
SRT合宿で食いっぱぐれる事はまずありません。だいたいみんな食べ過ぎて苦しみます。
M井さんは死者蘇生を3回くらい使ってたし、まじゅんは食べ過ぎて寝付けなかったそうです。

そんなこんなで翌日、僕は宇山洞口リギングのパーティなのでそっちに向かう。
宇山洞の上部に回り、崖の取り付き点を探す
すこしして発見したのでリギング開始リギングはまじゅん。
僕とるんちゃんは待機なのでそこらの木でZリグ、チロリアンの練習~
Yビレイの調節が苦手という事なのでそれの練習もやる
見る感じかなり上達したのでは?

この日は晴れたり雨が降ったり謎な天気。そして異常に寒い
寒さに耐えながら待っているとまじゅんが撤収しながら帰還。
いろいろと話を聞くと、ナチュラルアンカーの木が細かったり、ナチュラルブリッジにヒビが入っていたり
ロープが擦れ易かったりなかなかスリリングなリギングだったもよう
携帯の写メ見せてもらったけどめちゃ怖そうだった。カメラ渡せばよかった

撤収後は氷寒組と合流するために宇山洞付近の駐車場まで帰る。
少し時間があるため宇山洞を見に行く
このとき、カメラを持っていくのを忘れてた。とりあえずでかい!

駐車場に帰ると氷寒組が戻ってきていた
Nさんも宇山洞を見たこと無いとの事だったので、もう一度見に行く

名称未設定 f1
左下にいるのがNさんとM井さん

この撮り方ではイマイチデカさが伝わらないこの洞口の高さだけで30mあります。
リギングすると、写真で調度二人の真上に見えるクラックの上部に出るのですが、
ここに今回リギングを行ったまじゅんが降りてくると、
名称未設定 f1
多分こんな感じかな?合成したはいいけど小さすぎて何がなんだか。

そんな感じの二日目も無事終了し、帰京しました

もうちょっと訓練時間欲しかったけど楽しい合宿でした
特に、Nさんには夏休みの秋吉訓練に引き続き再び合宿に来ていただきありがとうございましたm(_ _)m
今回もいろいろと勉強になりました

というわけで写真少なめの阿哲合宿報告はここまで~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。