スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前、相変わらずやな(笑)(岡坂)

先日土日は鈴鹿で新洞探査&ナイスな日の出スポットを探しに行こうと思っていたのですが、
生憎の雨

一人でガスった台地を歩き回るのは流石にロストしそうで怖いので土曜日は結局沈殿。
ゼミでやってる調査のプレゼン準備をする

で、日曜は山に行って月曜の朝日の出を見て速攻で家に帰って学校へ、、と思っていたら
幼馴染のIから電話検定でたまたまBKCに来てるとの事なので久々に会いに行く事に。

BKCは広いので会うのに少し難儀。会うなりIは「立命でかすぎやろ」を連呼(笑
小腹も空いたのでとりあえずガオらーめんへ。

入店。着席。メニュー確認。お互い金欠のため、290円のラーメンに即決。初入店にして、この間30秒。
このラーメンで数時間粘りひたすら互いの近況やら昔話やら。

あんなとこ行ったなあとかこんなことやったなあとか。
Iも僕も廃鉱山、廃工場とかの廃墟趣味があり、高校のとき面白そうなところを調べて来ては
互いに予定を合わせて電車に揺られて行きました。
名称未設定 f1
高校1年の時に行った廃鉱山「T鉱山」。初めて行った大型の遺構。でかさに感動
アクセス激悪にも関わらず、この後も3度くらい通った。
ここで仕掛けた肝試しは最高だった。「腰抜けてる」っていう状態を初めて見た(笑

名称未設定 f1
抗道入り口。内部からはめちゃめちゃ冷たい水&空気が流れてくる。
すごく頑丈な柵でビクともしない。確かにビクともしないんだけど、
この柵は明らかに設計ミスだと、柵の前に立つと気付く。

名称未設定 f1
コンベアの基礎?

名称未設定 2
高2の大晦日に行った廃病院、「N病院」
昭和の新聞がそのまま放置されてたり、かなりモノが散乱している場所があってすごかった覚えがある。

名称未設定 f1
中庭

名称未設定 2
ここでは結構いろんな意味でヒヤっとした。
まさか1階でアレがウロウロしているとは。

名称未設定 f1
大学入学してすぐくらいに行った廃工場、「S工場」
ここはとにかくすごかった。見渡す限り鉄。ほとんど潰れてなくなっていたのが惜しまれるけど
それでもスケールがすごかった。

名称未設定 f1

名称未設定 f1

名称未設定 f1
抜けた天井

名称未設定 2
植物に侵食されてる。床がサビサビなので抜けないかヒヤヒヤしつつ歩いた

この他にも廃村や廃坑、廃トンネル色んなところに行ったけどどれも楽しかったなあ~
最近は探検部関係ばかり行っているので廃墟はご無沙汰だけど、、

思えば観光洞窟以外の人生初ケイビングもIと行った
その時はKマンとか、Iの学校の友達とかもいて、かなりの多人数
当時はヘルメットとかを装備に加える事など全く頭になく。私服で入ってみんな頭ガンガン打ってた。
今考えると危ない。

探検部入る前、自分の中では「穴」と言えば「洞窟」ではなくどっちかと言うと「坑道」。
鉱石探しつつ廃坑とかそういうのばっかり入ってたけれど、こんな「穴があったら入りたい」状態
になったのは中学のときにIとやった用水路探険に妙にハマったから・・・のような気がする。
名称未設定 f1
中学のとき探険した用水路。ここを100mくらい真っ直ぐ行くと右に曲がる。

町の何処に抜けるか分からない用水路探険。
確か、給食食べ終わった昼休みにIが「家の近くの川にへんな穴があるねん」とか言って、
「今日の放課後探険しよう」という流れになったんだったような。
ワクワクしすぎてこの後の授業なんも頭に入らず。

放課後、5~6人で例の穴を見に行く。実際見ると思ったよりでかくて、暗くてビビる。
とにかく懐中電灯と川に入るための長靴とかサンダルを近くの友達の家から集めて、準備OK。
結局長靴が無かったのか、確か僕はサンダル、他の人は普通の運動靴でそのまま入ってた。

ライトはLEDなんか知るはずも無く(というかあまり一般に普及してなかった?)
pic-m.jpg
こんなヤツ2個。内1個若干調子悪し。
今この装備で行けって言われても絶対嫌(笑

下校途中に行ったのでみんな学ラン。ズボンを巻くり上げいざ入洞!
若干ドブ臭い用水路をじゃばじゃば歩いていくと
名称未設定 f1
マンホールの下に出たりする。少しだけ太陽の光が見えて安心。

このあと400mくらい歩いた所で一瞬足裏に嫌な感触。
思い切りガラスを踏んでいた。急いで引き返し、穴の入り口の駐車場で応急処置
駐車場が血だらけに。歩けなくなったのでIが自転車で二人乗りして家まで送ってくれた。
あれは超ありがたかった。

で、何故か仲間内では僕が鋭利な「タニシ」を踏んで怪我した事になっている。
今回もIとこの話をしていると、
「お前があの時タニシ踏むから~」
って言われた。タニシじゃねえよ!!(笑

というわけで、思い起こせばこんな感じの用水路探険や廃墟探索が段々エスカレートして学術探検になって
今探検部にいるわけです。そう考えるとIが居なければ絶対探検部に入ってないなあ。

お互いそれぞれやる事が年相応に高度になってきているけれど、やはり根本的な部分では何も変わっておらず
「久しぶりに会ったけどやっぱお前、相変わらずやな(笑)」と言い合ってました。

大体そんな感じの思い出話。

さて、話変わって、明日は一風洞調査に向けての体育館訓練です
一応9:00~16:30で申請を取ってますが、講義の関係で
10:30~15:00くらいになりそうです。
内容は以前書いたように昇降訓練と、できたらレスキュー訓練。
張り切っていきましょ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リア充め、死ぬが良いっi-199i-199i-199

No title

こーゆーのってリア充って言うか?i-229
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。