スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人はみんなのために。みんなは1人のために。 へっっ!!!! (Cparty報告) 

ということで、24時間歩行耐久訓練行ってきました~~~~~

;ub;un; (19)


詳しい報告は岡坂先輩がしてくださっていますが、Cpartyの合宿報告をおまかに行いたいと思います

福知山駅に着いて、さっそく歩きだしたApartyとCparty

岡坂先輩の報告に書いてある通り、合宿開始からしばらくメンバーはすごく元気でした

;ub;un; (3)

;ub;un; (7)

;ub;un; (12)

;ub;un; (13)

gvikuy.jpg

;ub;un; (15)


しかし、まず明け方にI村君に異変が

;ub;un; (16)


「あぁ~~~眠たいよ~~」

まだ合宿開始して7時間くらいしかたっていないのに

I村君の持病『ネムタイネムタイ病』が発症してしまいました

実はI村君、ネムタイネムタイ病という持病を抱えていて一定の時間(1-3時間くらい)外で行動するといつ、どのような場面でも眠たくなってしまうという病気なのです。

CIMG1159.jpg
CIMG1160a.jpg

原因は私にはまったくわかりませんが彼の病気が今後治ることを切に願います。。

そのあともApartyと追いつきは離れ、追いつきは離れを繰り返し順調に距離を伸ばしていきました。。

;ub;un; (17)

;ub;un; (18)

今回の唯一の峠に突入

ここが山場だなと思っていたのですが去年の鯖街道の峠を越えているメンバーにとってはすごく物足りないものになりました

「これほんまに峠なんか

「峠のもどきや峠もどき

「峠スゴクちょろいっちゃ

「この峠もどきを越えたらすぐゴールやろう。ちゃっちゃと下ってちゃっちゃと帰ろ


など予想を覆す発言が次々と飛び交いました。。

その後もどんどんどんどん歩いて行きました。そしてついに天橋立の載っている地図に突入

;ub;un; (20)


分かってはいましたが、改めてこの地図の使用量にびっくり

「この地図、使用効率よすぎるやろっ20円分活かしすぎやわ」

などといいつつ歩くことに。。。今まであまり休憩らしい休憩をとらなかったCpartyですがこのころから各メンバーの体にガタがきはじめました

途中Bpaty,Dpartyと会い、24時間らしからぬ満喫ぶりにメンバーたちは妙な感情を覚えつつ、天橋立に突入しました。。

せっかくだからと記念撮影をしながら進みましたが、各メンバーの下半身のメンバーは痛みはじめていました。

;ub;un; (22)

程度で言うと、Gantzでいうとスーツがキュウィーンと壊れ、ドロドロのやつが出てきて、その後に1回2回殴られたくらいですね。。

宮津警察署に到着してからくらいでとうとう日が暮れてきました

ここからはメンバーの疲労もあり、つぎのチェックポイントまでが恐ろしく長く感じました。

みんなで歌を熱唱したり、

「ああぁ~~超気持ちィ~、足の裏が気持ちいィ~~~」

「最初からこの足はこの状態やったんや。。最初から足なんてなかったんや。」

「痛くははないんやで。気持ちいんやで。決して痛くはないんやで。」

などと言いながらどんどん歩いて行きました。

5分休憩でのI村君の休み方はこんな感じで、それはもうとても気持ちよさそうでした。

;ub;un; (25)

栗田駅を越えて、その後の自動車がビュンビュン通るところをヒヤヒラしながらと通り、MINISTOPに到着

元気づけにみんなで買い食いし、ほんの少しテンションが回復。S岡はロキソニンを投入。。

;ub;un; (27)

;ub;un; (28)

「あとすこしあとすこし歩いてればそのうち終わるよ」

とみんなで言いながら、出発しました。。

しかし、今まで1時間に5分休憩のペースで歩いてきたメンバーたち。眠気と痛みが襲ってきてすごく面白い状態に・・・

眠気でいきなり奇声を発しだすG納

ネムタイネムタイ病が深刻化しながらもトップをとるI村

足の筋肉痛がやばくなってきたS岡

「痛くない、痛くない、気持ちいんや、オレのあしは気持ちいんや。」などとブツブツ言うサケイ

ガスってきたこともあり、周りが全く見えず八雲橋がどこにあるのか分かりづらく精神的にもちょっとずつやられて行きました。

八雲橋到着後、ついにここで待望のOSの炊き出し班に合流

鍋、タイご飯、オレンジジュース、コーラ、そして雑炊はほんまにおいしくて、とても五臓六腑にしみわたりました。。。

ありがとうございました  OS含めてみんなで写真撮っとけばよかったです

;ub;un; (29)

そして気持ちを入れ替え歩くことに・・・

ここからはほんとうにほんとうにきつく、限界の向こう側の向こう側にメンバーたちはたどり着いていました。。

Gantzでいうと、スーツが壊れた後、最強の銃で何回も何回も打たれた感じです。

カイジで言うと、Eカードで負けて、歩くたびに指を切断されている状態でした。

1km1kmがとても長く感じ、ペースが落ちていくメンバーたち。そういえば去年もこんな感じやったなぁと感じながらただ無心で歩いて行きました。(僕はクリアはしてないけどね)

マイズルマリーナに着くころには夜も明けていき、1時間5分ペースの休憩もこの辺りから崩れていきました。

中総合会館前からは東舞鶴駅まではものっすごく長く感じ、精神も極限状態で5分休憩のところでみんなで爆睡してしまって結局30分休むなんてこともしばしばでした。

ほんとにこの時はつらかったーーー

足が痛すぎて、一歩一歩が辛すぎて、気持ちいともいえない状態で、みんなすごくイライラしていました。

サケイはイライラが頂点に達し、持っていたストックが大破(ちょっと曲がった)してしまいました

;ub;un; (30)

ついでに強く突きすぎで新品のストックの先がはげた。

;ub;un; (32)



あと少し、あと少し、あと少し。時速1kmのないくらいでただひたすらに歩いていき、そして・・・

ゴールしました

ついにゴールです、到着時間9時。3時間巻き

ただみんなしんどすぎて感動のがゴールとはならずなんか淡々と終わってしまいました

写真を撮るのも忘れて、早く家に帰るぞとすぐに電車に乗り込みました

電車での写真。

;ub;un; (34)

もう今回はみんな究極の究極に疲れ切っていましたね。。

特にI村君とG納君はすごい状態でした。

私はこれほど心身ともに疲れ切ったG納君を見たのは初めてでした。

後日談では、2日目の夜夕食を食べているときに1人マジ泣きしていたようです。

tivu (2)

サンダルは穴があき、足はパンパン。あらためてG納の精神力の強さには感服です。

tivu (4)

;ub;un; (36)


あまり休憩をとることなく完走した今回の24。本当につらかったけどものすごく達成感がありました。

はじめは、楽勝ムードでどうなるのかなと思いましたが、やっぱり24は24でしたね。

僕的にも前回のリベンジということでこの合宿に臨みましたが、完走できて本当によかったです。

去年リタイアしましたが、それでも去年の24があってこそ今回乗り切れたような気がします。

「去年はこんな痛みではなかった。去年はもっともっとしんどかった。」という思いがあったからこそだと思っています。

でもこれが真のリベンジということではないので来年はサバ街道でもう一回やりたいですね

来年はやるんやったら鯖街道をみんなで乗り越えようね

;ub;un; (24)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Cパーティはあの後大変やったんやね~i-229
なにはともあれ完歩おめでとう!

G納の写真めちゃ笑った(笑
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。