スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが1084、されど1084 1(岡坂)

一風洞下見から帰ってまいりました
早朝は曇り気味でどうなる事かと思いましたが結果天気に恵まれ最高のコンディションに
これまで3回の霊仙山で最もいい天気でした!
名称未設定 2
早朝の霊仙山

漆が滝経由のルートはヒルが嫌なので今回は榑ガ畑ルートを取りました。
榑ガ畑ルートはバス停養鱒場から登山口までのアルファルト歩きに時間を食うのと、バスの本数が少ないので
電車&自転車でGO
名称未設定 f1
醒ヶ井到着

自転車を組み直し、荷物を乗っけてレッツゴー!!
名称未設定 2

養鱒場までの道のりでは、知る人ぞ知るアイツらがお出迎え
名称未設定 2
醒GUY(サメガイ)

養鱒場以降の山道はたまに自転車を押しながら進む。重い。
そして、やっぱりここは猿が多い!途中道のど真ん中やら横の斜面やらに大量にたむろしていらっしゃった。

そんな感じで登山口到着
名称未設定 2
きつかった。ただし、帰りは超ラク

翌日早朝出発の予定なのでこの日はテントを張って早々と寝る
名称未設定 2

・・・つもりが、夜中にサルや鹿が間近でけたたましく鳴くわ、木の枝をパキパキ踏み折って歩くわで
うるさくてなかなか寝付けず

で、翌朝3:50起床
朝食を摂って、パッキングをして、一通り準備を済ませ4:30。
いざ、と思ってテントの外に出るも真っ暗 あまりにも真っ暗すぎて不安なので
薄明るくなるのを待つ。。

名称未設定 f1
少し明るくなった。

というわけで出発~
榑ガ畑の廃村を横切るのですが、暗い中一人で廃村を歩くのはやはり少し不気味。

汗拭き峠をこえて尾根をテクテクあるくと段々明るくなってくる
名称未設定 f1

5合目で少し展望の良い場所あり
名称未設定 2
若干曇ってる朝焼けがきれい。

その後も快調に登り続け、後ろを振り返ると、
名称未設定 2
う、雲海?と思ったらびわ湖でした(笑

だんだん視界が開け、、
名称未設定 2

名称未設定 2
お猿岩到着写真には写らなかったけれど右斜面では鹿達がお出迎え
昼ごろは登山客の熊鈴の音や話し声がする笹原も早朝は凄く静か。
聞こえるのは風が耳元でヒューヒュー言う音と笹がサワサワいう音だけ。あとたまに鹿の鳴き声。

登りでかいた汗が早朝の風に当たって冷たい。

ここから先は開けた笹原を楽しみながら歩くやっぱり霊仙山いいなあ~

に続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。