スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探せ新洞、漕げペダル!ケビンの服はまっかっか!その2(岡坂)

この記事のその2です

新洞探査の第一候補地が駄目とわかったので、とりあえず聞き込みをすることに
名称未設定 2

出会った人に聞いてみる。

周辺の山が石灰の山ということは知っているか
山に入ったことはあるか
入った事があればそこで穴若しくは大きな岩を見た事があるか
この周辺で洞窟があるという話を聞いた事があるか
山の所有者は誰か

世間話を交えつつ大体こんな事を聞きました
その回答はこんな感じ。

鉱山があることもあって石灰の山だということはよく知られている。
大体この辺の人は生まれてから今まで何十年もここに住んでいるため、
小さいときに山に遊びに入った事も沢山ある、が、岩はともかく穴の話に関しては全く聞かない
とのこと。
山の麓には一度杉の植林のため沢山の人が山に入っているがやっぱり穴の噂は聞かない。
山の上のほうは村所有だが、麓の方はいくつかに分割されて個人所有。
昔は麓に畑があってこの畑の境界がそのまま所有地の境界だった。しかし世代が変わったりして
放置されるようになり畑が無くなって境界がよくわからなくなってしまった。
所有者本人もイマイチ何処が自分の土地かよくわからないらしい。

そんな感じで、麓の方はあまり期待できなさそう
最後に区長の方を紹介して貰えたのでそちらにも話を伺いに行く
区長さんも大体同じような回答だった。
ただ、40年以上前に新洞探査に来た団体がいたような気がすると言っておられた
結局何も報告がなかったので洞窟は無いんじゃないかという話だった。

40年以上前って誰が来たんだろう。探検部が乱立した時期と重なるけど、どっかの探検部だろうか。
お礼を言ってテントに戻る
名称未設定 f1

取りあえず明日の探査地を考え直す
名称未設定 2
麓も谷も微妙となると残されたのは山頂付近。小さい頃山で遊んだといっても麓から山頂までは
高低差が600mくらいあるし、山頂付近の事はあまり知らないはず。
結局消去法で山頂付近を探査する事に決定
今日は夕食を食べて早々と寝る
名称未設定 f1
暑いのでフライは無し。

鹿の鳴き声でふと起きると周りがめちゃ明るい。
外に出ると、
名称未設定 2
月が出ていた満月は12日なので少しタイミングがズレているけど十分明るい。
夜景モードで撮影中、じっとしてたら蚊に刺されまくった

その後寝ること数時間、、
名称未設定 2
5時起床
朝食を食べて出発谷間にある村なので日が差すのが遅く、寒い。
名称未設定 2
ダム発見相変わらず水の色が凄い!しかもめっちゃ澄んでる。

探査する山は上のほうまで林道が続いているのでそこを目指して走る
ややあって林道に突入、少し登ると林道脇の落石が石灰岩になってくる。
名称未設定 2

高度が上がるにつれて景色が良くなる&陽射しが暑い
名称未設定 f1
坂がキツイ

名称未設定 2
いい感じの高度感

林道を走る間にも石灰岩の岩場がチラホラ。チェックしながら進む
で、林道終点に到着。ここからは登山道を歩く
名称未設定 2
いい眺め!

物凄い崩落の跡が、これは石灰ではないっぽい。
名称未設定 f1

ここでの新洞探査、洞窟のありそうな石灰岩の岩場が沢山あり、見つけるたびに道を外れてウロウロ。
ウロウロしてみるのですが、洞窟がありそうで、
名称未設定 2
無い。

名称未設定 2

無さそうで、
名称未設定 2
無い。

地質図的には石灰岩地帯は終わってるはずだけど、むしろ進むにつれて石灰岩が増える。
マクロな部分では地質図もアテにならんなあ~
やっぱり現地に行ってみないとわからない事ばっかりだ。

で、山頂付近の岩場をウロウロしていたらいつの間にかサルの縄張りに入っていた。
なにやらウキャウキャ言ってるものの、
こっちが一人だからか向こうは特に気にせず悠々と闊歩していらっしゃる。なんというアウェイ。

途中で見つけた甲虫君。
名称未設定 f1
コーカサスオオカブトのよう。
彼の名前はダイコクコガネ、立派なツノがチャームポイント
環境省カテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU) です。

このあともグルグル歩き回ったものの、洞窟は見つからず。。
結局帰る時間になっても見つかりませんでしたあれだけ岩が露出していたら
一つぐらいありそうだけどな~
足を伸ばせなかった場所もあるのでまだ可能性はありそうです

そんな感じで今回の探査は終了~
名称未設定 2
村の人も気さくでいい人だったし、天気も景色も良かったし、結果はどうあれ楽しかった

あと、
名称未設定 2
ケビンの服はまっかっかです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。