スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尋常な暑さではない。繰り返す、これは尋常な暑さではない。1(岡坂)

思いつきで出発した一泊二日琵琶湖一周サイクリング
超~暑かった
名称未設定 2
ミニタープとマット海パン以外にも飲料と食料を持っていったら思ったよりかさばった。

琵琶湖一周は今回で3回目今までは時計回りだったので今回は
反時計回りで行ってきました

勢いよく走り出したものの5km地点でチェーンが外れる
荷台のネジと干渉して面倒くさい外れ方をしたタイヤをはずして直す
名称未設定 2

1時間ほど走って5時半なのに暑すぎ
雲も無いし、抜けるような青空!気分はサイコー
名称未設定 2
34度!

気温は高いけど、太陽はみるみるうちに傾いていく
真西に進む直線道路はすごく眩しい太陽に向かって走れ~
名称未設定 f1

6時前あたりに琵琶湖大橋を通過
走った道を振り返る太陽がどんどん落ちてゆく~
名称未設定 2
遠くの雲間から光が射してきれい

程なくして姨綺耶山と沖島が見えてきた!
遠くに見える姨綺耶山からは7kmくらい山間の田んぼ道に
日没は浜辺で見たいけど、、それまでに抜けられるかなあ
名称未設定 2

山間の道に突入
ここはもう山で太陽が隠れている日没までもう少し、7km先の浜辺まで間に合うか~?
名称未設定 2

山の鞍部から夕日が覗く
焦りつつも写真を撮る、、
名称未設定 2

急いで走って、、浜辺まで大中の牧場を抜ける直線道路に入る
ああっ、空の色が急激に変わってきた!
もしかしたらもう太陽沈んだ・・?
名称未設定 2

ソワソワしながら信号を待って、出発
直線道路を走り抜け、ルートを外れて浜辺に伸びる砂利道をボコボコ進む
砂利道もパンクの心配がないからやっぱり太目のタイヤが好き
そして浜辺に抜けると、、

名称未設定 2
ギリギリセーーフ!よかった~。めっちゃきれい!!

で、記念撮影しようとカメラをセットしていると、、
名称未設定 2
日が沈みました(笑
写真のプロパティによると浜辺到着から日没まで、この間たった4分!本当にギリギリだった~

10年くらい滋賀に住んでいるので琵琶湖の夕日は見慣れているとはいえ、、
旅行気分のときの夕日はまた特別なのですいやーキレイだった~

そこからまた少し走り、彦根市に突入
すぐに暗くなるのでここからはあまりスピード出せないなあ~
目的地の長浜に着くのはいつになるだろう
名称未設定 2

日も沈み、暗い道路を走っていると、東の空にオレンジ色のイチョウ型のものが浮いていた。
なんだろうと思いつつ、走っているとだんだん丸くなってきた

山の間から月が昇ってきたのだったでかくて色が濃かったので月だと思わなかった
まさかこの日が満月とは思ってなかった!もうけ~
名称未設定 2

そろそろ米原に入るかな~というところ、一瞬時計を見るために目を離し、、
直角に歩道が曲がっているのに気付かず、縁石に激突してしまった
縁石に乗り上げずにいきなり止まったので、後輪が跳ね上がって
0zxdc.jpg
ってなって僕はカタパルト風に吹っ飛びました(笑
怪我はなかったものの、絶対ホイール歪んだ琵琶湖一周も今回はここまで、、

と、思いきやホイールの歪みはおろか、パンクもしていなかった!来る前に空気ちゃんと入れといてよかった~
とはいえハンドルが前方に回ってしまった
他の部分が壊れてないかチェックも兼ねて明るいところに移動し、直す
やっぱり自転車旅行に工具は必須だな~
名称未設定 2
なんということでしょう

この後、ゆっくり走って10時に長浜突入!
もっと早く着くと思っていたけど、写真撮りながら走ってたこともあって大分遅めの到着
なにはともあれ今夜寝る場所を探そう
名称未設定 f1


2に続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あーあー…

岡坂隊員、レポートや試験はないのか。

繰り返す、レポートや試験はないのか、どうぞ。

No title

あーあー・・・

こちらサケイ、こちらサケイ。

私たちははもう駄目のようです。。。レポート10枚の壁が越えれません。。。

I村隊員とともに心中します。。

岡坂隊員はこのようなことのないようにどうかお気をつけて・・・・

繰り返します、岡坂先輩はどうかお気をつけて・・・・

No title

>>いちゃかわ
ザザー・・ガッ
前方に敵機確認。
難度5千、レポート数5、試験数約2。
これより所要時間を最小に押さえ迎撃開始する、オーバー。

>>サケイ
此レヨリ全勢力ヲ率イテ、試験期間ニ突入セントス
探検部平均成績向上ノ命ニ於イテ必勝ノ信念ヲ堅持シ協力戮力
使命達成ニ邁進セヨ
此ノ命ノ下我レ課題制作態勢ノ徹底強化ヲ図ル

                      
                     岡坂ノ手記
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。