スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんのアサガオ・後編(岡坂)

おばあちゃんのアサガオ・後編です(前編はコチラ

遠方の山の説明をしつつ、歩いていると足元に虫が飛んできた
手に乗せてみる。
名称未設定 2
彼は姥玉虫(ウバタマムシ)という名前のタマムシくんです
タマムシというと緑の金属光沢を思い浮かべますが、彼もちゃんとタマムシの一種です
調度、黒い漆器の沈金のようで落ち着いた綺麗さがあります
松を食べるらしく、松の生えているところにいるらしい。成る程、堂山は松の木いっぱい生えてるからなあ~
調べてみるとなにやらタマムシの中でもかなり珍しい?という記述がいくつか。
でも、今日だけでも2匹見たし、いるとこには沢山いるんじゃないのかなあ、、

なにはともあれ彼は写真を撮り終わると飛び去って行きました

その後も岩尾根のアップダウンを繰り返し、、
名称未設定 f1

山頂に到着!
名称未設定 2
山頂の岩に立って周りを見回すクボタさん「いやあ~!す~ごいね~!!」

始終笑顔で気に入ってもらえた様子やーよかった~
この後少し休憩をして、下山開始
下山中も見晴らしが良いので、そこでも遠方の山の説明や遠くに見える町についての話やらをする
名称未設定 2

その後、分岐点やルートの説明をしつつスタスタ降りていって天神川河原に到着!
クボタさんのペースが意外に速かった事もあり予想外にここで昼食を摂ることに。

そんなわけで時間がかなり空いたので予備の2つ目の山、笹間ヶ岳に向けて出発
名称未設定 f1
全然ペースの落ちないクボタさん

途中の池には今回ちゃんとイモリ達が泳いでました
去年はいたのに今年5月始めくらいに来たとき居なかったからなあ~。よかった
距離で言うと山頂まで半分あたりにある大谷河原の池にも寄りました
5月くらいに寄ったとき殆ど何も無かった池は、、
名称未設定 2
花が咲いていました透き通った水に葉が浮いていてキレイ。
この花は「未草(ヒツジグサ)」スイレンの仲間です。
未の刻(14:00)に咲くからヒツジグサと呼ぶようですが、実際は昼前から夕方まで咲いているみたい
また、アメリカザリガニや鯉等の食害に弱いらしく、これらが池に侵入すると絶滅してしまうらしい。
その他水質汚濁にも敏感らしく、現在ではだんだん数が少なくなっているとか、、
滋賀、京都では準絶滅危惧種、その他の多くの地域でも絶滅危惧種になっています。

少し石探しもしつつ、山頂に向けて出発
ここから先、山頂までは木のうっそうとした尾根道
一度、アスファルトの林道に出て、もう一度登山道に入る。
そこから少し歩くと大きい岩があるので、梯子で岩の上に登ると、、
名称未設定 f1

山頂!
名称未設定 2

山頂からの眺めはこんな感じ
2011071118372150f_20110715202111.jpg

山頂の岩の上でおやつを食べたり、話したりしてしばし休憩
休憩が終わってからは、来た道を引き返して下山

下山中、家で育てている植物の話をする
クボタさんの家は今アサガオが沢山咲いているらしく、それについての話題に
昔から夏になるたび沢山の花を咲かすそうで去年まで職場の人やお客さん等、毎年色々な人に
苗を分けていたとのこと。
強くて、すごくキレイな自慢のアサガオだよ!と話してくれた。
名称未設定 f1

長年に渡って数え切れないくらいの苗を人に分けてきたと話すクボタさん。
それらの祖先になる最初のアサガオは一体何処のアサガオなのか気になり、聞いてみると。。

一番最初のアサガオの苗は自分が若いときに実家から送られてきたものなんだ、と話してくれた。
クボタさんのお母さんから「おばあちゃんの好きなアサガオだよ」と送られてきたとの事で、
「おばあちゃんの好きなアサガオかあ、大事に育てよう。」と育て始めたそう。
なんでもクボタさんは、おばあちゃん子だったらしく小さいときはいつもおばあちゃんの傍にいたんだとか。

今では、北は北海道、南は沖縄まで、色々な人に貰われて各地で咲いているおばあちゃんのアサガオ。

「おばあちゃんに良くして貰ったのに俺はなにもしてあげられなかったからなあ、、」
「おばあちゃんが好きだったアサガオだし、沢山の人に見て欲しいと思って。それに、
 色んなところで咲いてたら天国のおばあちゃんがどこからでも自分の好きなアサガオを見れるしね!」
とクボタさんは話してくれた。

い、いい話だ~ ・゚・(つД`)・゚・
良かったら苗分けてあげるよ!と言って下さったので、喜んで分けてもらう事に
他にも欲しい人がいそうならいくらでも言ってね、との事でした
もし欲しい人がいれば岡坂まで連絡をくださいm(_ _)m

そんな感じで下山をし、その後少し話をしてお別れ
また、一緒に山に行く予定です

超楽しかった~!!ありがとうございました!
名称未設定 2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。