スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げカエル(岡坂)

梅雨明けた?っぽいですね~ 
今日も天気が良かったので朝は裸足ランニング
いろいろ調べていると、どうやら走るときに滑らすように地面を蹴ってしまうと足に水豆が出来やすいそうで、、
なるべく足裏の接地点をスムーズに使って無駄な摩擦が起きないように意識しました
すると本当に水豆ができにくくなりましたこの調子だ~

で、今日気付いたのが、この画像の下の図のように
img_stretch07.gif
つま先を伸ばすと足首が横に曲がらないという事。
つまりこれは下りの斜面で、つま先着地、若しくは斜面に沿うような足裏全面の着地をしていると
体の構造的には足を捻挫しないようになっているということ

疲れてくると捻挫しやすいのは、下っているときに路面に合わせて足首の角度を変える能力が
低くなっているからって事なのだろうか、、?

土踏まずの衝撃吸収機能もそうだけど、足って本当に良くできている

というわけで、ランニング後、久々に立木山に行ってきました
名称未設定 2
快晴!

今日は南郷洗堰のホボ全てが閉鎖していたので、堰より下流の水位がめちゃめちゃ低かった!
名称未設定 2

ちなみに増水時はこんな感じ↓
名称未設定 2

瀬田川を眺めつつ立木山に到着
前回登山口付近の木にセンボンイヌタケが生えていましたが、どうなっただろう、、
ちなみに前回はこんな感じ。
名称未設定 f1

今回は、、
名称未設定 f1
かれこれ1ヶ月、流石にもう生えてはいませんでした

前回は順調に成長をしていたタケノコ君も、、
名称未設定 f1
枯れてしまっていた残念。。

立木観音への参道と登山口の分岐を過ぎて歩いていると初めて見るキノコを発見
名称未設定 f1
なんだろう?遠めにはスエヒロタケ?と思ったけど近くで見ると全然違う。
検索中~

少し歩いていくと、前回は見かけなかったものがいくつか目に入る
足元にはなにやらフサフサしたものが、、
名称未設定 2
見たときはスギゴケ?と思ったけれど、スギゴケよりも繊細で柔らかい感じ。
調べてみると、ヒノキゴケというやつらしいすごいキレイ

他にも見かけないシルエットが、、
名称未設定 f1

その正体は、、
名称未設定 f1
ホソトウゲシバでした
トウゲシバはヒカゲノカズラ科のシダ植物で、絶滅危惧種のスギランに良く似ています
スギランについて調べているときに画像では見た事があったけど、実際に見れてよかった

そんな感じで写真を撮りながら歩いていると、登山道をトコトコ横切る虫君の姿が
名称未設定 f1
今回歩いている間、かなりの回数エンカウントしました。
で、何気に検索に時間がかかった彼。顔つきや全体の形はキマワリっぽいのですが、脚が赤い
キマワリに良く似た形の足が赤いヤツでオオクチキムシっていうのがいるのですが、
やっぱり顔つきがキマワリっぽいんだよな~結局どっちかわからず、、
ただ、どっちも朽木を食べる虫ではあります

その後尾根道を歩いていると、踏み後を一跳びで横切る緑の影
名称未設定 2
後姿しか撮れなかった

アシグロツユムシかも?という疑念を残しつつも、恐らく彼はホソクビツユムシくんです。
キリギリスの仲間で鳴く虫でもあります

昆虫のオンパレードになりますが、おなじみの彼にも出くわしました。
名称未設定 f1
本日のセンチコガネ

今回出くわした彼の体は緑色でした

で、今回一番気になっていたのは、前回見たときに干乾びてしまっていたツノフノリタケの運命
センボンイヌタケは1ヶ月で姿を消してしまったので、ツノフノリタケも、、

名称未設定 f1

超生き生きしてるー。 
しかも前回の写真と比べるとかなり育ってない?(※前回
今後も見守っていきたいと思います

一見何も変化のない山も、よく見てみるとたった1ヶ月でこんな変化があるんですね~
おもしろい

また、今回はカエルにも沢山出くわしました
前回はトノサマガエルでしたが、今回は、、
名称未設定 2
ツチガエルくんです
俗に言うイボガエルですね
松尾芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」の蛙とはこのツチガエルの事じゃないかと言う人もいます。
(コレに関しては他にもトウキョウダルマガエルやトノサマガエル、ニホンアカガエルなど諸説あるので
なんとも言えないけど、、)
川際に居て、写真を撮ろうとするとすぐに川に飛び込んでしまってなかなか大変だった
10匹くらいに逃げられましたが、彼だけはじーっとしていてくれましたありがとう!

帰り際にはこんなキノコも、、
名称未設定 2
キソウメンタケとナギナタタケで迷ったのですが、先細りぎみなので多分ナギナタタケ??

その他、よくわからないキノコ達、、
名称未設定 2

名称未設定 2

名称未設定 f1

名称未設定 f1

通いなれた山ではあるけれど、今回も楽しめました
よかったよかった
名称未設定 2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。