スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆけゆけ鳴滝不動尊(岡坂)

本日のお山は音羽山!
昨日あるむのオオイさんと音羽山について話したときに、膳所から鳴滝不動を通って登るルート
についても話したのですが、お互い行った事が無かったため具体的な話はできず、、
というわけで、今回は幻住庵ルートではなく、この鳴滝不動経由で谷を詰めて
稜線に出るルートから登ってきました
名称未設定 6

遠方から公共交通機関を使って登山に来る人は膳所駅から御用池、鳴滝不動、、と歩くそうですが
僕の場合は家が近くで自転車もあるため、御用池を少し過ぎたところにある看板(上写真)のところまで
自転車でアプローチしました

鳴滝不動を過ぎて少し奥の林道終点の広場までこんな感じの林道が続いている、、
名称未設定 f1

名称未設定 f1

頑張ったら林道終点の広場まで自転車で行けなくもないけど、結構道が凸凹なのでパンクが怖い

いつも通りまわりを見渡しながら林道を歩いていると、木にこんなものが付いていた
名称未設定 f1

名称未設定 6

完全に無色透明触感はかなり柔らかいゼリーのような感じ。
指で触るとぷるっとしていて形は保つものの、強く押しすぎると半乾きの接着剤みたいに中身が出てきそう
樹液にも無色透明な樹液があるらしいのでそれだろうか。。樹液というと茶色のイメージがあるけれど

林道脇にはきれいな川が流れています
名称未設定 6

小川の向こう岸ではエゴノキ?が満開でしたキレイだ!
名称未設定 6

林道をテクテク歩いて鳴滝不動尊に到着!全体が苔むしたグリーンで美しい!
ルートは不動尊を横目に見る感じで続いている
名称未設定 f1

不動尊を越したあたりの林道終点から細い登山ルートが伸びる
序盤はちょくちょく小川を飛び越えながら谷を詰めていく感じで楽しい
名称未設定 f1

名称未設定 6
水がキレイです

そんな感じでヒョイヒョイ小川を飛び越えながら歩いていると、左手側に
キノコの生えまくった木が
名称未設定 f1

名称未設定 f1
わっさ~

先日の袴腰で見つけた白いキノコに似てるけど、、?
(※6月23日追記:多分センボンイヌタケ生え始めは白、生えて時間が経つと灰色になるらしい)

谷を詰めるにつれて地図どおり傾斜が少しきつくなってくる
道の両側には岩がポコポコ出だす
名称未設定 6
立派な岩だ~

稜線手前の急登を登りきる!
最後のつづら折の道はかなりごり押しで作られたような印象を受けた(笑
なにはともあれ山頂まで後は稜線歩きのみ
もうすぐ山頂というところでノンビリノンビリ歩いている甲虫を発見
名称未設定 6

ゾウムシくんでした
いや~おもしろい形だなあ~
名称未設定 f1

というわけで山頂に到着!
今日は誰もいなかった
名称未設定 6

このあと山頂で少しだけボーっとして下山しました
途中立ち止まって写真撮影とかしまくったからかなり時間食ってしまったけど、御用池から普通にちゃっちゃと
歩いたら山頂まで1時間前後、山頂から御用池までは40分前後で下山できるルートかな~
手頃でいい!

いろんなものも見れたし、今日もナイスな一日でした!
名称未設定 6
YES無駄毛!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。