スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスピード森林浴(岡坂)

今日は音羽山にリベンジ!
前回はマイナーなルートから登ろうとしたのですが、マイナーすぎたのか登山道が消えていたので
今日はメジャーな幻住庵ルートから登って来ました
otowayamatozannguti

登山口に自転車を停めて、準備体操をして登山開始!
それなりに荷物は重くしたつもりだけど、5日ぶりの山だけあって足も完全に回復しているよう
快調快調!

前回同様道にはニワゼキショウが咲いていますきれいですね~
イタドリも生えていたけどさすがにこの時期のは成長しすぎて食べれない、、
niwazekisyouotowa

いくつかの貯水池を通り過ぎながら広い谷を歩いていく
水面がすごい静か落ち着く~
sizug

途中にもっさん入れがあったので良いもっさんは無いかと物色したのですが、
どれも太くて重くて無駄に長いものばかり、、う~ん、ここのもっさん情勢はあまりよくないなあ。
歩いて程なくすると木の多い地帯に入っていく。すると左手にこんな木が
hennnaki

ど、どうやったらこんな風に育つの・・?親の顔が見てみたい。
不思議だ!
周りの木を見ながら歩いたのですが、ここも立木山同様沢山のキノコが生えてました
特にザイモクタケを良く見かけた
登山道は川沿い少し湿った緑がキレイですね~
名称未設定 6

川沿いを歩いていくとだんだん雰囲気が変わってくる
なんていうか、THE森林浴って感じのルートに突入
名称未設定 6

道標付近の倒木にもキノコ達が生えてました
名称未設定 f1
なんて名前なんだろう。。只今検索中、、

そして驚きはアラゲキクラゲの多さ!ココだけじゃなく、今日は色んなところで目にしました
写真のは特に大きかった!
名称未設定 6
でかい!

写真のは濡れてるけど、この少し前に見たキクラゲは、ふにゃふにゃ感を保つ範囲でいい感じに
乾いていた。もー、その手触りが凄かった!
完全に耳たぶのそれだった。思わず真顔で自分の耳たぶと触り比べてしまった。

道標のすぐ近くに登山道を挟むような2本の杉の木がおもしろい
杉の門だ!
名称未設定 6

このあとはちょくちょく出てくる橋を渡りつつ川沿いに谷を詰めていく
森林浴!って感じ気持ちいい!
でも、だらだら歩いている時間は無いのでスタスタ歩く
名称未設定 f1

谷を詰めきる手前の急登も歩ききり峠に到着!
真っ直ぐ進むと音羽山、後ろへ行くと千頭岳今日は音羽山に直進!
名称未設定 6

後は尾根を歩いていく縦走ルート意外と急登が続くので面食らう(笑
急登もチョコチョコ登れば怖くない!
実はこの尾根、滋賀と京都の県境なので、、
右を見ると
名称未設定 6

滋賀県の街が。

左を見ると
名称未設定 6

京都の街が見えます京都と滋賀が隣なのは地図上では知っているけど、
実際に県境に立って両方を見るとへんな感じ~
なぜか「滋賀と京都ってこんなに近いのか!」と感じた。。近いも何も隣なんだけどなあ
山を隔ててるから「隣」っていう実感が無いのかも。

そんなかんじで尾根歩きを楽しんで、山頂に到着!!
クボタさんから話は聞いていたけど話通りのいい眺め
琵琶湖は遠くまで竹生島、京都市に関しては全部見えました
大文字山が見えていたので立命も見えたはずだけど、今日は双眼鏡を忘れたので確認はできず、、
名称未設定 f1

山頂ではおじさん二人が喋っていた挨拶をして、いろいろ話す
それぞれ大阪、大津在住とのこと
大津から来られたおじさんはやはりここ辺りに住んでいる事もあって音羽山にはよく来るんだとか
この辺の山の事や山で会った人の話などなど、もちろん探検部の話も(笑
程なくすると大津のおじさんは降りていってしまった。名前聞くのわすれてた

大阪からきたおじさんはここで昼食を食べるとの事だったので引き続き話す
おじさんの名前はスギウラさん学生時代によく山に行っていたらしく、
就職してからは山から離れていたものの最近また登るようになったんだとか
大先輩だ

昔の山道具や山行の話で盛り上がる確かにテントの進歩はすごい!エアライズとか恵まれすぎ
スギウラさんは金剛山によく登るらしいからサケイとか、るんちゃんとはもしかしたら今後会うかもね(笑

別れる前に記念撮影!
スギウラさんの方から「よっしゃ!肩組も!」って言ってくれてめっちゃ嬉しかった(笑
名称未設定 6

最後はがっちり握手!楽しかったです!またどこかの山で!!
楽しくて話しすぎたので帰りの時間は押し押し
安全に急いで下山だ!というわけで帰りはハイスピード森林浴でした

登山口付近では見知らぬお犬様がお出迎え
少し戯れて帰りました
名称未設定 f1
かわいい

いやー今日も良い一日だった!

おまけ
パノラマ写真、山頂からの景色です
右が滋賀、左が京都!パノラマ合成に失敗しているのでよーく見ると電線がズレてますが、
大体の雰囲気は伝わると思います
名称未設定 1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。