スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

canon(岡坂)

昨日の新歓比良事前はテン場まで行ったのですが、合宿2日目がびわこバレイも休業するほどの
大荒れと予報されていたため合宿中止、下山してきました
でも今日滋賀はそんなに荒れてなかったぞ??比良山の上は荒れてたんだろうか

1日目の活動は楽しかったけど、新歓合宿のルート下見が途中までしかできませんでした
本番のルートは今回通ったルートの中で構成しなくちゃいけないですね~

うーん最近天候に恵まれないな~

大荒れと言われつつ実際今日は雨がしとしと降っている程度だったので
午後は散歩兼ルートファインディングの練習で最寄の山道を歩いてきました
地形図を見て、歩く距離も手ごろそうな感じだったので南郷洗堰付近から立木観音に延びる道をチョイス
南郷洗堰までは自転車
araizeki
南郷洗堰

街読図をしながら目的の道を探す
あったあった。田んぼの真ん中を突っ切った先にあるココが登り口
kokokoko

道端に生えてたシダ植物の幼葉赤い。ベニシダっていうやつの幼葉?
赤い!

少し歩くと、なんか凄いことになっている木を発見
どろどろ
まるで酔っ払いの被害に遭ったかのようなビジュアル

山でたまに見かけるけど、これってSM田が1年前くらいに言ってた粘菌(変形菌)?
気になったので家に帰って調べてみると、どうやらこれは樹液酵母っていうやつらしい。
酵母菌が樹液を発酵させてそこにカビが生えたんだってさ~なんと食べれるらしい。
知らなかった!食べればよかった

変形菌つながりでいろいろ調べてて詳細が判明したのは、去年の新歓北山事前で発見したこいつら
ガンコちゃんでこんなのいなかったっけ
彼らはコアカミゴケっていう地衣類でした
地衣類の調査をしようとしていたイシカワのお姉さんは既に知ってるかも

分岐点に到着分岐の看板の上にはトンボくんがおりました。
サナエトンボの仲間かなー、、詳しくは良くわからない
とんぼ

途中で立木八?山に登る岩尾根が。岩尾根で撮影して山頂へ
木が生えまくってて展望はゼロ
たちきはち?やま。なんて読むんだろう「丁」の旧字体?丁と言えば昔の距離の単位だけど、、

この山から立木山まで歩きやすい尾根伝いの水平距離で約700m。アップダウンが約160mあるから
立木山までの歩行距離は860m前後長さの単位の「1丁」は今で言う109mだから8丁は872m。
立木山から歩いて大体8丁のところにあるし「たちきはっちょう」って読むのかなあ。。
だとしたら昔の人はアップダウン含めてどうやって8丁を測ったんだろう
tatiki
アイキャンフラーーイ

道中木の間から瀬田川が見えました
ラフティングできます

歩いていて思ったけどやたら道が整備されてる。ルートファインディングの練習にならない!(笑
でもコケの生えた道に椿が落ちててキレイ
TSUBAKI

そんな感じで立木観音に到着。
canon
立木観音に着いて知ったのですが、今日歩いたのは立木観音への元祖参拝道でした
通りで整備されてるわけだ
立木観音の真下から直登する石段(700段あるらしい)があるのでそっちが元祖参拝ルートだと思ってた。
ちなみに電気機器メーカーの「キヤノン(Canon)」は「観音」に由来しているらしいですよ

はい、そんであとは来た道を引き返してテクテク帰りましたとさ

あー今日も楽しかった


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。