スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギア選びは楽しい

雑多な雑務につかれたのでブログ覗きに来たら和嬢が更新してくれているではないか!
てなわけで追随。どうもこんにちはいつの間にか4回生になりましたフクルです。

山いいよね、うん、山楽しい。
こないだ久しぶりに山登ったけど、全身泥だらけになるわけじゃないし、昼間は明るいし、まわりは緑だし、
「ネイチャーを感じ」ました(探検部名言集より引用)
ヒルともイチャイチャチューチューしました(絶望)
なんで昼間に洞窟入っちゃうんだろうなあ。山の方が健全な感じすんなあ。

しかし私は主に穴グラで活動してきた身なので、現在「名前を言ってはいけないあの洞窟」に行っている同期がとてもうらやましい。
正直憎いほどうらやましい。きぃぃぃいぃぃいぃぃぃぃぃぃぃっ

一方私は何故永遠(のように思える)と志望動機とやらを書き連ねスーツを着毎日毎日ふぉおおおおおおお!!!

生ッキルの楽し~~~~~~~い!!!!!!あひゃああああ

ふう。

ちゃうねん。今日は新歓SOT(山)に来てくれようとする子(もちろん来るよね?)に対して
装備選びは楽しいよってことを言いたかったのです。
装備を買うときは最初は探検部の先輩に聞くか、一緒に買いに行くといいかもね!

先日、行ってきたんですよ。山に。
で、これまで使ってた靴がもうボロボロだったので買い替えました。
赤いのがこれまで履いてたやつー
2



日常履きでコンクリの上でも毎日履いてたので底がヤバい。 部室の床が汚いのもしょうがない。
3

で、新しいの~ 
コロンビアのなんか山ガールっぽいやつ~
1


事前に履きならしてこれで山行きました。
で、2泊3日の山だったんだけど、2日目に雨が降ったので焚き木で乾かしてたら
焦げた。
てか溶けた。
4

よいこは火から目をはなさないようにしましょう。

新しいのも結局はすぐボロボロになります!(使用感には個人差があります)

でね?思うんですよ。装備選ぶときに優先するものってなーんだ。
安さ?ブランド?デザイン?快適さ?

私自身は探検部に入る以前から装備をある程度持っていたので、全部をそろえる必要はなかったんですけど、
必要装備が少ないといわれる山でさえ、装備にはお金がかかります。

今回買った靴はセールもあって1万円。とりあえずはそれでも十分。
ほんとは狙ってた3万円のザン靴があったんですけど。

ゴアテッ○スじゃないけど。中国製だけど。さっそく焦げたけど。それでも結構気に入ってるのでまあ良しとしています。

快適さはお金で買えます。結構。靴とかレインウェアはそれが顕著だったり。
科学の進歩パねえッスから。
とはいえむかーしの人の装備に比べると安いものでも格段に快適さは上がってるんじゃないかな。
良いものを買って、大事に育てながら履き続ける楽しみもとてもすてきだと思います。

お金がないから行けない?そんなエクスキューズは後回しにして、
とりあえず頑張って一度自分に合う装備を手にいれてください!!


新歓合宿では、ザックとかシュラフ(寝袋)とか、ある程度は貸し出せるので、気軽に参加してみてはいかがかなっ!

締め切りは5/20!!!!!

参加費は1500円だよおおおおう!!!


みんな1500円握りしめて探検部までダッシュだ!!
(新歓合宿について詳しくは1つ前のブログを参照のこと)

ではでは新歓合宿に来てくれることを期待していますよっと。

フクル
スポンサーサイト

そんな時代もあったねと

こんにちは!お久しぶりの巫女りんです!
12月に卒部して以来、このブログの更新に目を光らせていましたが、あんまり更新されなくて寂しい・・・

というのはどうでもいいとして、昨日はBKCキャンパスの卒業式でした!
今回卒業されるのは我らが091さん、IwasA先輩、そしてS本先輩、SM田さん、あと永遠の休部メンバーT吾先輩!
就職する人、院に行く人、いろいろです。

式が終わって、色紙やら花束やらをお渡ししたあとは、やっぱり胴上げでしょ!ということで
IMGP2193.jpg

IwasA先輩。と091さん、ふたりともめっちゃ笑顔

IMGP2200.jpg

そして091さん。なぜかちょっとツイストかかってます。


卒業される先輩の中でも、とりわけこのお二方に、我々はものすごくお世話になってきました。
全力でふざける091さん(っていうと語弊があるかもしれないですけどすごくちゃんとメリハリのつけられる人です)
いつも冷静なIwasA先輩、お二人ともお互いのことをよく分かり合いながら
協力して探検部を引っ張っていってくださったことは、本当にすごいことだと思います。
文字通り、みんなに愛される先輩でした。これからそれぞれの道に進んでも頑張ってください!

IMGP2181.jpg

改めて、先輩方、ご卒業おめでとうございました!
あれっ、G納さん!?



以下、完全に蛇足&内輪ネタです。お暇な方だけどうぞ。

続きを読む

なな、ナンダッテ―

ざわざわ。。。明日から。。。学祭らしいぜ。。。
今回も探検部がなんかするらしいぜ!!

はい!!やります!
前人未到展@衣笠キャンパス
2014/11/08~11/09 12:00~17:00
諒友館(りょうゆうかん) 828/829


探検部の探検活動の成果報告しますよ~

…リョウユウカン場所チョット難シイカモダケド見二来ルヨロシヨ。
待テルヨ。
気合イ入レテマッテルカラネ?来テネ。
青いTシャツRUECの文字が目印です。


さて。
学祭冊子用に書いたものの、印刷の都合でカットされたコラムを張っつけときまする。
洞内泊のお話~。正直読む価値はそんなないです。ということを先に言っておきます(笑)

動画を張れと言われるのだけれども気に入らないのでなかなか、、、。
学祭の教室では流していますので~目にとめてくださるとうれしいッス。ちょっとだけ。
(フクル)





ホテル洞穴

 我々が前人未到の地に赴こうとするとき、もしも巨大洞窟を発見、探検する機会を得てしてしまったら!!

(考えただけでワクワクするものだ、、!)探検活動を効率よく行うために、宿泊場所が洞窟の中!ということも考えられる。そこで我々は洞内泊を体験してみよう、と思い立った。

 竪穴での洞内泊訓練を計画書に入れる、となったが、その前にまずはとりあえず体験してみよう、と
おなじみ滋賀県多賀町、甲頭倉の下の穴、いつも測量訓練を行う横穴にてお泊り会@洞窟が企画された。

なんとこの活動、プライベート活動だというのだから驚きである。よくやるよ、、全く。どんだけ物好きやねん。

しかし、無理やり詰め込んだ予定のおかげで参加予定だった者達が次々と現実に打ちのめされ、やっぱやめるわー、という中、女子メンバー3人が残った。

多少無理に思えても実行に移してしまう、それぐらいの図太さとタフさを持っていなければ探検部を、ケイバ―を続けることは難しい。私もバイト終わりにバイトの恰好のまま多賀へと向かったのであった。


 目的の洞窟についたのは深夜だった。突然の女子会にきゃいきゃい(男がいないから車がそんなに臭くない!等)言いながら入洞準備をし、テントとシュラフ、オールウェザーブランケット、空のペットボトルを手に入洞した。

その時の気分は 

眠たい 。

ただそれだけであった。

パパッとテントを張り、寝る準備を整えると、全員が言葉少なげにすぐに就寝した。

洞内の岩に持たれて寝るのは慣れている我々も、(日中の活動中、待機が暇過ぎて意識を失っているときがある)
夜中に何度か目を覚ますなど多少の寝苦しさを感じながらの睡眠だったが、いけんことない、という結論になった。

岩が思ったより冷たくシュラフがないとやっぱり寒い、銀マットは軽量化のために持って行かないでもいいが、会った方がそりゃあ快適である、という、行かなくても予想できたことが確かになった

探検部の用事で早く衣笠に帰らなければならない、そんな都合があったので本当にただ寝ただけでそそくさと撤収、撤退した。


 後日、秋吉台の竪穴で洞内泊を行ったのだが、そこは水流の近くを宿泊場所としていたため細かい砂が堆積しており、地面が固くないわ、平だわ、冷たくないわ、洞内自体の温度も18度と安定しており、とものすごく快適に宿泊できた。

なんやねん!甲頭倉のやつ、いらんかったやろこれ!となった。が、自分が粗悪な状況でも寝れる、ということが証明された。
探検力の向上である。

 ちなみに空のペットボトルはこの時は使用されなかった。
ボトルは洞内で尿意をもたらした際に使用される。洞内環境を汚染してはいけない。女子の場合、口の大きいペットボトルを用意するか、漏斗を準備しておくことが好ましい。その点男子は楽である。
(…用途は、わかったよね、、?)

私は使用したことがないので何とも言い難いが、ボトラーに聞くところによると、ボトルの容量が足りるか途中で心配になるのだそうだ。なんとも、未知のままでいたい領域もあるものだ。

一寸先は未知。

0616口の深谷(比良・安曇川水系明王谷)遡行 記・クロ


6月16日に口の深谷に行ってきました。報告が滞りがちなので、個人の山行の報告でもさせてもらいます。うろ覚えですが、かなり勉強になった遡行でした。写真なし。平日にもかかわらず、みなさんありがとうございます。
メンバー:Kしな、U野、クロ、M味
月曜日にもかかわらず、メンバー余裕の山行。社会をなめきっています。M味は初沢、個人的には約4か月ぶりの沢登りなので、やや緊張気味でした。
朝6時四条大橋集合、レンタカーの手続きを行い、坊村へ出発。土日は出町柳~坊村のバスがないことを初めて知りました。で、いつもの坊村。林道には入らず、駐車場に車を停める。坊村は白滝谷、奥の深谷、そして口の深谷の三つの主な谷の起点になっている。裏比良の名渓、全体的に薄暗く、僕好みでした。7時半、忌まわしい鯖街道で着替え、入渓地まで移動。林道歩きがきついがいつものこととあきらめる。
 ハーネスを履き、シラクラの壁を仰ぎ入渓。水量はほどほど。多くもなく少なくもない。小滝をリズムよく進もうと思ったが、思ったより時間がかかる。廊下奥の7m滝はきれいな滝でした。左岸のガリーを巻く。リードをやらせてもらいました。中途半端なところまでしかロープを伸ばせず、とりあえず、U野、M味はプルージックで登る。そこからはフリーで。たしか、だいたいここで9時前。左岸も上部はかなり悪そうだが、強い人ならいける?っぽい。
 10m直瀑。右壁をやや巻き気味に登る。一手目が少し緊張。残置があった。その後はそこまで悪くはないけど、ロープは必須って感じ。リードをKしな。たぶんここを巻いたら、2級下らしい。ここを登ったら2級ぐらいあるんじゃないですか?てか、風が吹いてて寒かった。
 少しすすんだら、登山道が横切る。13mはお約束の滝にうたれて、びしょびしょになって右岸のガリを巻く。あまりよくない。落石注意って感じ。CS6mは水流を直登。クロ以外は空身で。甘えっすね。とはいえ、簡易確保ぐらいはしといたほうがよかったかな。巨岩群を楽しみながら、進む。足元に慣れることを意識しながら、歩いてみる。ナメくの字型8mは意外と悪い。「美しい10m滝」は右から巻く。
 岩潜りの10mとやらも楽しく直登。すこし疲れが出る。
 途中、割愛。
 ラストの15mはバンドを登るが出口がかなり緊張した。つるっつるですやん。簡単とか言って確保なしにしないでよかった。バンドはフィックス。出口はセカンドビレイであげる。トップをやらせてもらったが、一番緊張した。そこからは、楽しく歩き。途中3mぐらいのがあった。少し悪かった記憶あり。で、登山道を進み、わさび峠へ。詰めもさほどしんどくなく快適でした。途中ブナやみんな大好きトリカブトなどが見れました。下山路は案の上、沢タビの洗礼を受けた奴が一名。過去に痛い目を見ているKしなとクロはからかいながら、楽しく下山しましたとさ。

 総括
 初心者には悪い沢であったと思う。僕にとってもかなり勉強になりました。心残りが何か所かありましたが、まあ、また挑戦ですかね。ただ、あの林道は嫌いですわ。あと、久しぶりの遡行だしということで軍手を新調したのですが、家に忘れるという失態orz
 ヒルはいないと思っていましたが、一匹Kしなさんの足に張り付いていました。虐殺していました。暗い谷がやっぱり好きだなと思った反面、後輩と行くと怖いなとも思いました(笑)。
翌週の南紀に続く

そういえば、新人君たちが入ってきてくれました。これで30人団体になってきましたねぇ。

道草食うの会始動……!!!!

こんにちは~久々投稿です遂に3回生になりましたサダソです。
春も訪れ、新入生がちょいちょい説明会に来てくれてますね!!
まだまだ来週も説明会開催してるので覗きに来てくださいねっ!!

さて、今回実は部員数名で構成されたゼミ的な会、「道草食うの会」が初始動しました☆
この「道草を食う会」、なんやねん!!て思う方多いと思います。
名前そのままに道端の草を食いに行く会ですわ……
つまり野草を山に入り込んで採ってまいりました!

今日の参加メンバーは……3名!!(私含む)
まあ、初回ですしね。初心者ばかりの中、植(食)物博士こと、カワチ君がキラリと指導してくださいましたよっ

ちなみに今回採ったのは
イタドリ
画像持ってナスビ……誰かのカメラにある……スマソ。

ミズ(ウワバミソウ)
ミズ

ミズ
実はミズ、根っこが食えるし美味いんです!山芋的なねばねばがやばうまかったす!!

ワラビ
ワラビ

ナバナ
ナバナ


で、気になる調理法ですがっ!なんと、天ぷらっすわ!!
美味かったんですよ、これが。
ミズの天ぷ~ら


まあ、想像以上に生えてない山に行ってしまったわけで、実質一人前くらいの量の道草だったわけですが。
飯盒で米もまあまあ炊けたし、味噌汁もあったし、天ぷらは粉つけまくってかさまししたし、なんだかんだ満たされました。最後に街へ降りて河原に咲きかけのナバナをゆでて食し、活動を終えましたっ。
ナバナ食べテール

これ、ここまで書いといてあれですが、部員のプライベート活動なんですけどね☆

さて、来週
火曜日はBKCのコラーニングⅠのC102
金曜日は衣笠キャンパスは存心館のどっか(追って連絡します汗)で、
18時から説明会やってます!
だいたい19時には終わりますっ。探検部に興味ある人、是非是非来てください☆

今日を締めくくるために、一言。
禿げろ、くそ北山ーーっ!!
探検部に興味を持ったゆかいな仲間たちの数
現在の探検部部員数
現在の閲覧者数:
プロフィール

ruec1960

Author:ruec1960
立命館大学探検部
新入部員随時募集中
老若男女国籍不問
ウォンチュウ!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。